脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

簡単なのが嬉しいカミソリでの自己処理!デメリットはないの?

ムダ毛の自己処理の定番と言えば?

ムダ毛の自己処理は、半そでやノースリーブなどを着用する季節には特に重要な問題になってきます。そのような季節においては、わき毛以外のムダ毛も徹底的に処理していかなければならず、それを面倒に感じることが多いのも事実です。

その中ではやはり、簡単な自己処理方法が人気を集めています。

簡単な方法と言えば、カミソリを使う方法があります。カミソリでのシェービングは、言ってしまえばただ剃るだけでムダ毛をキレイにしていくことができるので、忙しい毎日でも気軽に行えます。

しかしこの方法には、デメリットもあります。

シェービングのデメリットとはいったい?

カミソリを使う自己処理は手軽さという大きなメリットがありますが、その一方で肌への負担が生じてしまうというデメリットがあります。

優しい力でシェービングをしたとしても、どうしてもカミソリの刃が肌に触れてしまうため、それによって肌が傷つき、時にはカミソリ負けしてしまうこともあるのです。

頻繁にカミソリ負けを起こすという方は、もしかしたらその処理方法が肌に合っていないかもしれませんので、他の自己処理方法に切り替えるなどしていくといいでしょう。

またカミソリでの自己処理は、処理後のつるつる感が持続しないというデメリットもあります。肌表面に出ている毛だけを処理するため、毛根から直接処理することはできません。したがって早ければ翌日には、もうあの嫌なジョリジョリ感を感じてしまうことになるのです。

さらに、カミソリでの自己処理は毛穴の黒ずみの原因になることもあります。

最近何だかふくらはぎの毛穴が黒ずんでいると感じることはありませんか?

その場合はもしかしたら、カミソリでのムダ毛処理が原因になっているかもしれません。

自己処理の後に心がけたいこととは?

カミソリを使う方法では、上記のように気になるポイントがいくつか出てきますが、それでもお手軽さはピカイチなため自己処理としては重宝します。

もしカミソリを使って処理をしていくのなら、処理をした後の保湿を心がけていきましょう。ボディーソープなどを使ってシェービングをしていくので、それですっかり保湿までもできているように感じるかもしれませんが、処理した後に保湿をしていったほうが肌をいたわることができます。

保湿によって肌は外的刺激に強くなりますから、自己処理でのトラブル対策にもつながるでしょう。

全身に使える保湿クリームなどをカミソリを使った部分にまんべんなく塗っていけば、たちまち保湿ケアが完了します。

関連記事