脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

VIO脱毛で気になるVラインの形!

29

VIO脱毛ではVラインの形を選べる

VIO脱毛をする場合、IラインとOラインについては全処理をすることが多いですが、Vラインに関してはすべての方が全処理とは限りません。

Vラインまで全処理するのは日本人女性の間ではまだ当たり前ではないので、日本人女性の場合はVラインの毛は整えるようにして脱毛することのほうが多くなっているのでしょう。

そしてこのVラインの形にはいくつか種類があります。

基本形となるのが「逆三角形」です。

元の形を生かすようにして整えていくことになるので、見た目もいかにもVIO脱毛しました!という感じになりにくいです。

またその逆三角形ひとつ取っても、大きさや幅などを変えると印象も変わってきますので、事前に脱毛担当者とよく話し合ってみてくださいね。

変り種のVラインの形も!

女性らしい形だとして人気なのは「たまご型」です。

まるみを帯びた形になるので、やわらかい雰囲気になります。

逆三角形ではシャープすぎるという場合には、たまご型を選んでみてもいいかもしれません。

続いて、「スクエア型」について紹介します。海外セレブの間では、このスクエア型が人気を博しているようです。

スクエア型ではなく、I型などと言われることもあるこの形は、よりきわどいカッティングの水着を着用する際などにオススメです。

またVラインの形としては、「ハート型」「バタフライ型」など少々変わった形のものもあります。

少し遊び心を加えたいという方は、そういったデザイン性のある形にVラインの毛を整えてみてもいいかもしれませんね。

ただデザイン性のある形であればあるほど、脱毛担当者のセンスや腕もかなり試されることになります。

バタフライ型など、やや形が複雑なデザインを頼むときには簡単なイラストを作成してそれを見せてみてもいいかもしれませんね。

ハイジニーナ脱毛って?

VIO脱毛と一緒に語られることも多いハイジニーナ脱毛。

これはVIOラインの毛を全処理する脱毛方法のことで、その脱毛を行った女性はハイジニーナと言われています。

ハイジーンという単語には衛生的という意味があるのですが、それが由来となってハイジニーア脱毛が生まれました。

もしVIOラインの毛を全処理することに抵抗感がなければ、このハイジニーナ脱毛もオススメです。より衛生的になりますし、ムレなどの不快感もハイジニーナ脱毛をすればかなり抑えることができるでしょう。

VIO脱毛では、Vラインを残すかハイジニーナ脱毛にするかといった悩みが出てくることもあるので、アドバイスを受けながら慎重に脱毛内容を決めていってくださいね。

関連記事