脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

脱毛後のケアとして必要なことや注意点

63

脱毛後の肌は乾燥しがち

脱毛を受けた後には、肌の乾燥を感じることがあります。

ですから脱毛後には保湿ケアが求められます。また脱毛後の肌は日焼けしたときのような熱を帯びた状態でもあるため、その熱を取るというケアも大切になってきます。

脱毛マシンによっては照射しながら冷却することもできるのですが、それでも脱毛後は肌の冷却をしておいたほうが安心です。

脱毛サロン、エステ、クリニックの中にはこういったアフターケアが充実しているところもあります。

ご自身でも保湿ケアなどはしておいたほうがいいですが、お店側で一通りアフターケアをやってくれるということは、利用者側の安心にもつながってくるでしょう。

保湿や冷却はどのようにすればいい?

脱毛後の保湿では、ミストタイプの化粧水や保湿ローションなどが便利です。

わきの下を脱毛した場合は、普段ならばなかなか保湿をしないそのわきの下も保湿をしていくことになります。

わきの下やひじ下などなら、保湿ローションでの保湿もしやすいですが、背中などを脱毛した場合はミストタイプの化粧水のほうがケアがしやすいでしょう。

次に冷却についてですが、これには冷やしタオルを使いましょう。冷却というと氷や保冷剤を思い浮かべますが、そういったものでの冷却は肌への負担が増えるおそれがあるため、冷やしタオルを選んでおくと安心です。

冷やしタオルは、水で湿らせて軽くしぼったタオルを冷蔵庫にしばらく置いておくことで作ることができます。

脱毛後には、人によっては脱毛箇所にかゆみが生じることがありますが、そのかゆみには皮膚の乾燥やほてりも関係します。

ですから脱毛後に保湿ケアと脱毛箇所の冷却を行うことは、かゆみを防止するためにも役立つのです。

ほてりを取ったほうがいいということは?

脱毛後にはほてりを取ることが大切になってきますから、そのほてりを促進させるような行動は避けなければいけません。

例えば入浴です。

脱毛当日はシャワーなら問題ありませんが、浴槽につかるのはNGとなります。

ただシャワーはOKとは言っても、熱いシャワーは避けたほうがいいでしょう。

熱めのシャワーが好きという方は、普段よりも低めの温度でシャワーを浴びてくださいね。

また、体を洗う際には脱毛箇所を優しく洗うように心がけることも大切です。脱毛後の肌トラブルを避けるためには、このような些細な工夫も重要になってきます。

このような注意点については、カウンセリングや脱毛の際にも説明がありますが、事前に理解しておけばそれに越したことはありません。

関連記事