脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

脱毛方法ごとで違う特徴を知り、詳しくなろう!

脱毛の種類をチェックしてみよう

脱毛の方法は大きく3つに分けることができます。

脱毛法それぞれで特徴が違ってきますから、その違いを是非チェックしていきましょう。

光脱毛

今勢いのある脱毛サロンやエステでは、光脱毛が主に選ばれています。

光脱毛以外にも、フラッシュ脱毛やIPL脱毛といったネーミングも存在しますが、脱毛の仕組みに関してはどれもほぼ共通しています。

ムダ毛の再生にに関わる毛乳頭・毛母細胞という部分に対して脱毛マシンのヘッドをあてていきます。そのヘッド部分から光が出ており、その光によるダメージで脱毛をしていくというのが光脱毛になります。

光脱毛の最大の特徴と言えるのが、ほとんど痛みがないと言えるほど痛みがわずかであるということです。

脱毛の痛さを心配する方にとっては、光脱毛は安心の脱毛方法と言えるかもしれません。

クリニックで選ばれている脱毛方法とは?

クリニックでは脱毛サロンなどとは違った脱毛方法が選ばれています。

クリニックをご検討の方は特に注目してみてくださいね。

レーザー脱毛

レーザー脱毛も光脱毛と同様、ダメージを与えていくのは毛乳頭・毛母細胞になりますが、この場合はその部分に対してレーザーを照射していきます。

そしてこのレーザー脱毛は医療行為であるため、医療レーザー脱毛や医療脱毛という名称が使われることもあります。クリニックでのみ扱えるレーザー機器によって脱毛をしていくので、光脱毛よりも高出力での脱毛が可能です。
このため光脱毛より優れた脱毛効果を発揮します。

一方、高出力での脱毛が可能になるがゆえ、光脱毛に比べると痛みが強くなりがちです。

ただこの点に関しても、今はレーザー機器の性能がさらに上がっていることもあり、以前よりは痛みが少なくなっていると言われています。

今はほとんどお目にかかれない脱毛法って?

脱毛方法は大きく分けて3つ存在するのですが、今主流になっているという条件を加えてしまうと脱毛方法は上記の2つになるでしょう。

それくらい、今はあまり行われていない脱毛方法があるのですが、それを最後に紹介していきます。

ニードル脱毛

絶縁処理を施した極細の針を用いた脱毛方法で、施術ではその針にわずかな電流を流します。

これによって毛乳頭へとダメージを与えていくのです。

毛穴ひとつひとつに、その針を差し込み脱毛していくことになりますので、脱毛箇所が広くない場合でも施術時間が長くなったり、痛みが激しかったりといったデメリットがあります。

ただ脱毛効果はすべての脱毛方法の中で最も優れているとされるのがこのニードル脱毛なため、今でもクリニックによってはサブ的にニードル脱毛を取り入れていることがあります。

関連記事