脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

カウンセリング前に確認したい持ち物リスト

f13874fcdc5c878d357bd4f39fd12b53_s

脱毛の必要な持ち物とは

脱毛に行く際の持ち物について気になっている方もいるのではないでしょうか。
必要な物が揃っていないとスムーズに契約ができないことがあるかもしれませんので、事前に必要な持ち物をチェックしていきましょう。

以下が持ち物リストです。
・本人確認書類
・親権者同意書
・印鑑
・現金
・通帳
・クレジットカード

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証などのことです。
また学生の方で学割を利用する場合には学生証の提示が求められますが、学生証は本人確認書類でもあるので、提示する書類はひとつでOKです。

次に親権者同意書についてですが、これは未成年の方が脱毛をする場合に必要となります。
この同意書はWEBサイトでダウンロードできることも多くなっていますので、事前にそれを印刷しておき、親権者の方にはカウンセリングに行くまでに同意書へのサインをしてもらうようにしましょう。

支払い方法によって変わっていく持ち物

印鑑については、契約書への署名の際に必要になる場合があります。
サインのみでも契約ができえる場合もあるのですが、念のために持っていくと安心です。

次に現金についですが、これはわざわざ書かなくても誰もが多少は持ち歩くものでしょう。
ただキャンペーンを利用するからと、ほんの少ししか現金を持っていかない方もいるかもしれませんが、やや多めに持っていくと安心です。
ほかの脱毛プランも利用したくなる場合もあるでしょうし、初回分の支払いが初来店時に求められることもあるので、現金はやはり必要でしょう。

また通帳やクレジットカードについては、現金以外の支払い方法を選択する場合には必要になってきます。
分割払いで口座引き落としを選べば、その登録作業が必要ですので口座番号などがわかるものを用意しなくてはなりません。

そのほかに必要なものは?

上記で紹介した物のほかにも、顔脱毛をする場合はメイク道具が必要になることもあります。
顔脱毛はメイクをしたままではできないものなので、メイクをして来店したとすればメイク落としが必要ですし、脱毛後にまたメイクをし直すのなら基礎化粧品やベースメイクアイテムなども必要です。

また、未成年の方がカウンセリングを受ける際には、保護者の方が一緒に話を聞いたほうが安心かもしれません。
保護者同伴は必須条件ではないことがほとんどですが、自分一人だけで話を聞くのは心細い部分もありますし、それに脱毛について相談した時点で保護者の方が「自分も一緒に行く」と申し出ることもあるでしょう。
ですから保護者の方の都合も考えた上で、カウンセリング予約をしていってくださいね。

関連記事