脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

VIO脱毛での服装や体勢について

194b304928c3f5751ebe941208eee67b_m

VIO脱毛は下着で受けるの?
人気部位として挙げられることも多いVIO脱毛ですが、このVIO脱毛はどのような服装で行うことになるのでしょうか。
VIO脱毛の場合は、紙パンツなどの専用の下着かあるいはタオルを巻いて行うことになります。
また中には、Tバックなどの用意が必要になることもありますから、カウンセリングなどで質問しておくといいでしょう。
身に着けるものは違いがあるにしても、施術中はそれをずらしながらVIO脱毛を行っていくことになります。
ただ例外的にパンツなどを身に着けずにVIO脱毛をすることもあるようですが、それ以外はVIO脱毛だからと言ってすべてがオープンになるということはありません。

VIO脱毛をする際の体勢について
VIO脱毛については、そのときの体勢も気になる要素のひとつになってくるかもしれません。
まずVラインについては、仰向けの状態で施術台に寝転びながらVIO脱毛を行っていきます。
Iラインの場合も、仰向けの状態はVラインの際と共通していますが、片足ずつ膝を立てた状態で施術台に寝転ぶことになります。
Vラインと比べると、体勢的に恥ずかしさが増すかもしれませんが、その恥ずかしさもだんだんと消えていくはずです。
次にOラインの際の体勢ですが、この場合はうつぶせの姿勢で施術台に寝転びます。
またうつぶせ以外では、四つんばいや横向きの姿勢でOラインの脱毛を行うことがあります。
Oラインの脱毛ではお尻を広げなくてはならないので、場合によっては2人がかりで脱毛に取り組むことがあります。
スタッフが1人ですと、お客さん自らお尻を広げて脱毛がしやすいようにします。
「そんなの恥ずかしい!」と思うかもしれませんが、お尻が丸出しになるわけではないですし、施術時間は短く済むので恥ずかしさは案外気にならないかもしれません。

VIO脱毛の担当者はもちろん女性だよね?

女性のための脱毛サロンやエステサロンの場合は、そもそもそこで働くスタッフが女性しかいないというケースがほとんどなので、VIO脱毛を行うスタッフももちろん女性です。
一方でクリニックで脱毛する場合でも、やはり女性の医師や看護師がVIO脱毛を担当するケースがほとんどになります。
ただ男性医師や男性看護師も在籍しているクリニックを利用する際には、念のためVIO脱毛の担当者が女性かどうかを聞いたほうがいいでしょう。
クリニックでのことなので、担当者が男性でも気にしないという方もいるかもしれませんが、その反対に女性以外が担当するなんてありえないと思う方もいるでしょうから、事前に確認しておくと安心です。

関連記事