脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

脱毛を受ける際の服装について

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_s

どんな服装で脱毛を受けるべき?

脱毛を受けに行く際の服装は、どんな服装でも構いません。
仕事帰りに立ち寄る方はそのままの服装でいいですし、お休みの日のお出かけ着で向かわれる方はそのままで問題ありません。
お店ではガウンなどの着替えがあるため、どういった服装であっても着替えをすれば問題なく脱毛を受けることができます。
また、脱毛箇所や服装によっては着替えが特に必要ないという場合もあります。
しかし、着替えることができるから大丈夫とは言っても、着替えにくい服装ですとそれに手間取って焦ってしまうという可能性も考えられます。
着替えの時間はあるのですが、着替えが面倒な服というのはガウンから私服に着替えるときもまた手間が増えることになるので、できるだけ楽に着替える服装がいいでしょう。
もちろん、脱毛前後の用事によってはどうしても着替えが面倒な服装になってしまうこともありますから、その場合は無理に楽な服装にする必要はありません。

前開きの服装のほうが楽かも

着替えやすい服装で向かうことが可能な方には、前が開いた洋服をオススメします。
Tシャツやスエットなども、楽は楽なのですが、そういったタイプの洋服ですと着替えでヘアスタイルがぼさぼさになったり、お化粧が洋服に付着してしまったりということが考えられます。
一方で、パーカーやカーディガン、ブラウスなどの前開きの洋服であればそういった心配はありません。
また上半身と下半身の両方を脱毛するのでない場合は、ワンピースよりは上下が分かれた洋服のほうが着替えが楽になります。
ワンピースですと、たとえば下半身のみの着替えでもOKという場合だったとしても、上下とも着替えなければならなくなるので、余計な手間がかかってしまうことになるのです。

フィットしすぎる洋服は避けたほうがいいかも

脱毛をした後の肌は、いつもと比べると繊細です。
ですからできれば肌への負担も考えた上で当日の服装を考えていきましょう。
たとえば、ひざ下の脱毛をするという方はスキニーパンツではなく、ゆったりとしたラインのパンツかスカートのほうがいいでしょう。
スキニーパンツですと肌に洋服の素材がフィットするため、それによって刺激を感じてしまうのです。
また着替えによってヘアメイクが乱れることもあるので、ブラシやメイク直しのアイテムも持参していくと安心です。
顔脱毛をされる方はメイクを落として脱毛を受けることになるので、その後パウダールームでフルメイクをする場合にはその準備をしていく必要があります。

関連記事