脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

永久脱毛の定義をチェックしよう!

a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s

永久脱毛ってどういう状態を言うの?

永久脱毛の医学的定義は、「最後の脱毛から半年経過した後、脱毛した箇所の毛が再生されない状態」です。
毛周期の関係上、半年以上経っても毛が再生していないのなら、永久脱毛としていいということでそのような定義が設定されています。

一方で、レーザー脱毛における永久脱毛ですと、医学的定義とはまた違った条件が出てきます。
それが「脱毛から2年経過したときの毛の再生率が20%以下」というものです。
この定義を踏まえて永久脱毛について考えてみると、たとえ脱毛から2年経った後にムダ毛がわずかに再生していたとしても、それが20%以下なら永久脱毛として認められるということになります。
このレーザー脱毛の定義を知ると、「永久脱毛なのに永久じゃない!」などと言いたくなるかもしれませんが、もし毛が再生してもそれがわずかなら自己処理はかなり楽になるはずです。

脱毛サロンではNGとなる永久脱毛の表記

クリニックでは永久脱毛の表記は見ることができますが、脱毛サロンやエステサロンではその表記を見ることができません。
なぜなら脱毛サロンやエステサロンでの脱毛は永久脱毛に該当しないため、そのような表記が認められていないのです。
レーザー脱毛と比べると光脱毛はどうしても脱毛威力が落ちてしまうため、毛の再生率はレーザー脱毛よりは光脱毛のほうが高くなる可能性があります。
ですから、より永久脱毛に近い脱毛を受けたい方はクリニックで脱毛を受けたほうがいいでしょう。
脱毛サロンの脱毛も、自己処理の負担を軽くするという目的を達成する分にはいいですが、永久脱毛を求める方にとっては不満足な部分も出てくるかもしれません。
ただその分、というと言葉が悪いかもしれませんが、光脱毛のほうが料金がお安い傾向にあり、なおかつ痛みが少ないというメリットがあります。

永久脱毛と言えばニードル脱毛

確実に永久脱毛をしていきたいという場合は、レーザー脱毛よりもニードル脱毛を選ぶことになるでしょう。
ニードル脱毛の場合は絶縁針によって毛乳頭を破壊していくため、永久脱毛の医学的定義に該当する脱毛ができるのです。
しかしニードル脱毛には高い技術が求められますし、激しい痛みを伴うこともあるため、現在ではあまり積極的に行われていません。

またレーザー脱毛であっても、適切に照射を行っていけば毛の再生率を0%にすることも可能です。
最近ではニードル脱毛に対応するクリニックのほうが少数派な傾向もあるため、ほとんどの場合はレーザー脱毛によって永久脱毛を行っていくことになります。

関連記事