脱毛暦10年のOLが脱毛の基本からエステ・サロン・クリニックの選び方までを分かりやすく紹介しています。

細かな部分もお手の物!毛抜きでの処理の特徴って?

毛根から処理でき効果が長持ち

ムダ毛の自己処理では毛抜きを使用することもあります。

毛抜きを使用すれば毛根ごとムダ毛を処理することができるため、カミソリと比べるとムダ毛がキレイになっている状態が長持ちします。やり方も毛抜きでムダ毛をつかんで引き抜くだけと簡単ですし、しかもボディーソープ等が必要ないため部屋にいながらでも気軽に処理が行えます。

また毛抜きという特性を生かした処理も可能になります。

例えば、指毛の処理です。

指の第二関節の下あたりに生えてくる指毛は、女性としては特に気になる部分のひとつです。

せっかくおしゃれなリングをはめても、指毛があれば台無しになりかねません。

そんな指毛をカミソリで剃ると、チクチクとした毛が視線に入り気になりやすくなるため、毛抜きで一本一本処理をすることをオススメします。

毛抜きでの処理で気になる肌への負担

毛抜きでムダ毛処理をしたことがある方ならおわかりかもしれませんが、この処理方法は肌への負担が大きいものになってしまいます。

わき毛の処理ですと比較的痛みを感づらいですが、箇所によっては痛みが強すぎて毛抜きでの処理がそもそもできないなんてこともあります。処理をするたびに毛根の周辺の皮膚が引っ張られますから、その負担はどうしても気になってきます。

また、毛抜きを使って処理をしたところにはボツボツとしてきてしまったり、埋没毛になったりすることがあります。

それにどうしても一本一本処理していくことになるので、例えばわき毛をすべて毛抜きでキレイにしようと思うとかなりの時間と根気が必要になってきてしまうのです。

処理方法として毛抜きを選ぶ際には、こうした毛抜きならではのデメリットに対してもあらかじめ理解を示しておくといいでしょう。

カミソリなどと併用するのがオススメ

ムダ毛を自己処理している方で、その処理を毛抜きだけで行っているという方はおそらくほとんどいないはずです。

ほとんどの方が「カミソリ+毛抜き」「除毛クリーム+毛抜き」といった形で、サブアイテム的に毛抜きを用いているでしょう。毛抜きはそのような形で使うには使い勝手がいいですから、毛抜きでの処理に悩んでいたという方はそういった使い方へと切り替えてみてください。

また毛抜きでの処理は、どのような毛抜きを使うかによっても処理のしやすさが変わってきます。

毛をしっかりと掴むことができる毛抜きを選び、少しでも処理の効率が上がるように心がけてみてはいかがでしょうか。

関連記事